ドリームジャンボコロッケを求めて (`・ω・´)

つぶやき程度のうんたらかんたらが綴られています
ブログ主への連絡を必要とする場合は掲示板までお願いします















ハッピーバレンタイン!


まだだけどね


f:id:Hukkun:20090212024207j:image

韓国にはあって日本にはない装備多すぎ・・・

チクショウ


アルファウィングとか装備したいぞー


ジャンプで偶然読んだり

ねこ耳少女のまんが学ぶ量子学で読んだり(注:読んだ事は否定しない まぁ典型的なハッピーエンドだったようn)

友人との会話ででてきたり

何かとここの所聞くものがあります


「シュレディンガーの猫(実験)」


元はネコを箱に閉じ込めて50%で死ぬ放射線をあびせても

1時間後に箱を開けるまでネコは生きているか死んでいるか分からないではないか

という論な訳ですが


まぁなんか開けるまでは中では生きている猫と死んでいる猫の両方が存在すると

そんな感じで使われているようです


でもそもそも前者の例は1時間後という観測点の問題なのに

後者になると中身の問題になって論が曲解されているのではとか思ったり

でも後者なら考えたことはあるんだうん

小学生のころはガシャポンの中身は出すまで決まらないんじゃないかとか

考えていたのを思い出したわけであります

いや実はそんなすごい話だったとh

後者だったらきっと同じだと思う


とはいえ後者の使われ方だと実験で言えば箱を開けないでいればいずれ死ぬという

それらの時間的な大前提を無視しているような気がするんですな

まぁ結論としてはよくわからなかったと

○刀乙たとえ話だしつっこむのは無理か



ちなみにHukkunがファミマでつい読んだ『ねこ耳少女の量子論~萌える最新物理学~』ですが

まんが形式なものの中身はド○えもんで学ぶなんたらよりも簡単

学生さんには勧められるようなものではない気がします


先日カードショップに行ってきたんですな

学校帰りに友人に暇つぶしで付き合いで

んでそのカードショップで俺は特に何するでもなく周りを見てたのですが

側にいた3人ぐらいの女子高生ぐらいの人たちが

A『この男の子とこの男の子って合いがよくない?』

B『いやこっちの男の子のほうがいいんじゃないかな』

C『えーwwwそれよりこっちのほうが(ry』

とかカード片手に会話してやがった次第でありまして

( ゚д゚)


f:id:Hukkun:20090213220112j:image

疾走!

携帯向けRSSATOMGoogleSitemap管理ページ