ドリームジャンボコロッケを求めて (`・ω・´)

つぶやき程度のうんたらかんたらが綴られています
ブログ主への連絡を必要とする場合は掲示板までお願いします















03:46 02月28日 []
高二病に気を付けよう(´・ω・`)

恐らく誰かが中二病があるんだし高二病もあるんじゃね?って考えて作ったのだと思う


詳しい定義はこちらを参照


アンサイクロペディアもネタに関することはまじめに書いてくれるから助かる

むしろウィキペディアではできないような部分を補完するすばらしいサイトだt


基本は簡単でものすごく一刀両断

    • 高二病(こうにびょう)とは、高校生に多くみられ客観的な中二病を過剰に嫌悪する心の病である。
      かつての中二病患者に多い病であり、原理は中二病と変わらない。


そして症例を見ると高二病の実在を理解できるはず

むしろ自分にも当てはまりそうな部分や過去に当てはまっていた部分があると死にたくなる


  • 症例
    • 他人の設定の邪気眼を馬鹿にしてみる。「やーい、邪気眼やってみろよー!」(参考:邪気眼まとめ避難所)
    • さらにはちょっとでも常識外れの設定を見つけ次第中二病扱いする。
    • 人気のある有名な物・人を流行っているという理由でとにかく否定する。
    • わざとブラックのコーヒーを飲んで背伸びするガキをあざ笑う、
      ただしわざとでなく普通に飲んでいた場合でも同様である。「プッ!こいつ無理しちゃってw」
    • 中二病患者が聞いてる洋楽を蔑みさらにマイナーな洋楽を聴きだす(例:ポストロックなど)が、
      やはり洋楽全体でとらえてみればどちらも本人がマイナーだと思っているだけで、実際相当メジャーな部類にあることに変わりは無い。
    • まるで老害にでもなったかのようにゆとりという言葉を使いたがる。
    • アニメの監督にこだわり、押井守や高橋良輔、さらにその弟子の谷口悟朗の硬派なアニメを見るのがカッコいいと思うようになる。
    • またそれに伴って細い・鋭角的・流線型のデザインを嫌い、箱形でいわゆる硬いデザインを信仰するようになる、そして基本的に前者は厨扱いする。
    • 中年層のキャラを過剰に好むようになり、「渋い」「漢らしい」などのワードを多用するようになる。
    • その上で若いキャラ・天才型・美形などの要素を嫌い、あまつさえ主役でさえ地味で平凡な能力のオヤジにしろとまで言うようになる。
    • それに伴ってバトル漫画などにおいては過剰に「努力」を重視するようになる、更に進むと「今の漫画には"努力"が足りない」と懐古厨の症状を見せ始める。
    • 自分より他人が劣っていると感じたとたんに自分の知識を披露し始める「(鼻で笑い)いや、それはかなり有名だしまぁ当然常識だけど(以下略)」
    • 中学生が書いた拙い英文を訂正するが、自分のも間違っている。「Engrishだろプププッ」
    • かつて仲が良かった同人サークルから急に離れて馬鹿にしだす。「今時テ●プリだなんておっくれってるぅーwww」
    • ネットゲームを卒業してみたが結局他の何かにはまって人生狂わされる。「ろなんて厨房がやるもんだろ!」
    • タバコや酒を飲んだりして突っ張る不良を馬鹿にしているがいざ前に出ると萎縮して言えない。「ななななんでもないです!!!!」
    • NEETを馬鹿にする。しかし就職しても周囲と反りが合わず結局無職に。「あんなのにはなりたくないな…と思ったんだけど」
    • 自殺する人間を見てこんな風になるものかと意気込んでみせるものの、いざ社会に出ると死にたくなる。
      「ちぇっ、なんだこいつら…人生苦もありゃ楽あるさ、だろ…てのが昔の俺だったな。お父様お母様さようなら先立つ不孝をお許しください」


知り合いに患者がいっぱいいましたどうもありがt


(´・ω・`)

コメント投稿の受付は終了しました。
携帯向けRSSATOMGoogleSitemap管理ページ