ドリームジャンボコロッケを求めて (`・ω・´)

つぶやき程度のうんたらかんたらが綴られています
ブログ主への連絡を必要とする場合は掲示板までお願いします















14:30 03月15日 [月]
ハート・ロッカーはアバターに勝利

だいぶ今更感ただようけれども感想を

3月7日のアカデミー賞発表で3D「アバター」と2D「ハート・ロッカー」の勝負がついた


237,000,000ドル(Wiki値)のアバターは15,000,000ドル(1100~1600の値でブレが有り)のハート・ロッカーに負けた


ハート・ロッカーは6部門(作品賞,監督賞,脚本賞,録音賞,編集賞,音響編集賞)

アバターは3部門(撮影賞,視覚効果賞,美術賞)


3Dと2Dの革新と保守の戦いでは保守が勝利した

やはり3Dにすればいいというわけではなく中身も大事ということだろうか


過去に書いたとおり俺はアバターに対する評価は2Dだったら駄作で3Dでもそこそこというあたり

果たして俺の感覚が正しかったのかはさておきストーリー重視の旧来型のほうが評価が高かったようだ

迫力と作画重視でストーリーその他に微妙な点が多かった作品と堅実な作りで作画などは捨てたリアリズム派の作品の対決の結果だ


とはいえやはり3Dというのも面白いとは思う

だが3Dが必ずしもいいとは思えないし求められる技術や資金そして内容も違うだろう


この結果を見るに3Dもいいがやはり3Dではカバーできない範囲があると感じた

参考までにアバターのレビューハート・ロッカーのレビュー

コメント投稿の受付は終了しました。
携帯向けRSSATOMGoogleSitemap管理ページ